• ほうれい線の原因を寄せ付けないために必要なこととは

    鼻の両脇から両口元にかけて刻まれてしまうほうれい線は、その人の見た目年齢を押し上げてしまう存在です。

    ターゲットに応じたエイジングケア化粧品の情報がいっぱい詰まったサイトです。

    ただし、これが発生する原因は明らかにされていますから、生活の中でその原因を寄せ付けない対策をとることで予防、あるいは改善をはかることが可能です。

    ほうれい線の原因は表情筋の衰え、それによる頬と口元の弛みです。そしてこの表情筋の衰えは、表情筋を使用しないことや紫外線ダメージを原因として発生します。
    ですからこのふたつに対しての策を講じることが、ほうれい線予防、改善においては重要と言えます。まず表情筋ですが、よく笑っている、そしてよくお喋りをしていると言う人は、その間に表情筋が鍛えられています。

    逆にあまり表情が豊かでない人、そしてあまりお喋りもしないと言う人は、自分で表情筋を鍛えることが必要です。


    たとえばペットボトルを口に咥えそれを小刻みに揺らしてみるとか、口角を思いっきり上げるような表情をとってから、一気に無表情になる、そしてまた口角を思いっきり上げてみると言うようなエクササイズが有効です。もっと簡単な、そしてこっそりとできる対策としては、口の中で舌を回すエクササイズです。そして次に紫外線ダメージに対する対策としては、とにかく通年、日焼け止めを使用することが最も有効かつ重要です。


    紫外線の中でも、肌の弾力にダメージを与えるのは紫外線A波です。

    そのため、このA波に対する防御効果が高いことを示すPA値が高い日焼け止めを使用すると良いです。



    紫外線A波は、実は加齢以上に肌年齢を左右する要因であると言うことが明らかにされています。


    ですからほうれい線のない、若々しい肌を保ちたいのであれば、紫外線A波は徹底的にブロックすることが必要不可欠です。