ビジネスにテレビ会議を導入するメリット

ITを活用したテレビ会議が急速に広まっています。全国に支社を持つ大きな会社や海外とのやりとりに使用し、移動時間や出張費を削減するというイメージをお持ちの中小企業の方もいらっしゃいますが、テレビ会議の活用法はそれだけにとどまりません。スマートフォンでも利用できるようになり、導入コストも下がっています。テレビ会議はビジネスの様々な問題点を解決できる優れたツールなのです。

日本の会社は一般的に労働時間に対する利益率が低いと指摘されています。テレビ会議導入による移動時間の短縮や出張費削減は利益率を引き上げますし、この時間と費用を他に注力することで新たなビジネスチャンスを生むことにも繋がります。また、この先ますます優秀な人材確保が難しくなることが予想される中、子育てや介護あるいはその他の理由での在宅勤務など多様な雇用形態を容認し、シフトしていかざるをえません。テレビ会議によって様々な場所からビジネスへの参加が可能となることで、社員は自らのキャリアを維持することができますし、会社側も同じ人間を雇用し続けることで新たな人材育成の手間や費用を抑えられるといったメリットを享受できます。

打ち合わせや商談だけでなく、求人に活用する例も増えてきています。これによって遠方からの応募も可能となり、よりよい人材を確保することにもつながります。海外の人材を探したい時も、顔を合わせて面談することができるので、雰囲気や人柄を確認することができるので安心です。